JUNYA WARASHINAは、“美意識の昇華”というフィロソフィーのもと、2013年に生まれた、高級皮革製品を取り扱うクチュールメゾンです。

 

日本のエレガンスを受け継ぎながら、いつの時も愛される、創造性と新しい文化的・美的価値を持ちあわせた皮革作品(ハンドバック、財布、革小物)を発表しています。

 

JUNYA WARASHINAは、日本の優れた技術を探求し、すべての作品は、日本の職人の両手から生まれています。メゾンの世界観を大切にし、優れた職人とともに独自のレザーを共同開発し、また、世界でも珍しい女性職人による裁断と縫製にこだわり、しなやかな美しいフォルムに仕上げています。市松の寄木細工のエンブレムは、日本のクチュールメゾンとしてのアティテュードを象徴しています。

 

www.junyawarashina.com


LINK