GINTA SICEVA - INTERVIEW


ラトビアで繊細かつ独創的なアクセサリーデザインを行っているデザイナーの Ginta Siceva(ギンタ・スィツェヴァ)さんは、とても気さくで素敵な方です。日本も大好きで、幾度も訪れていらっしゃいます。

 

普段行っているデザインワークについてや、ラトビアや日本についてなどの質問をギンタさんにお聞きしました。

 

Gintaのアクセサリーを、デザイナーが何を思い何を考えて制作しているか、皆様にお伝えしたく、是非ご一読ください。



Q.Gintaのデザインはどのようにして生み出されていますか?

 

A.まず着用していただくお客様のことを考えます。首元、腕元、耳元をどのように飾りたいかを注意深く、できる限り聞き出し、それらを元に頭の中でヴィジュアルを巡らせて、デザインに落とし込みます。デザインは、豊かで多様的で、いつでも驚きを与えてくれる自然からインスパイアされて行っています。
 


 

 *

 

Q.新作のコレクションについて教えてください

 

A.


「フワラーバード」コレクションについて


 

花の周りを飛び交う鳥からインスピレーションを得ました。お互いから恩恵を受ける花と鳥の関係、また花の周りで踊っているかのような鳥の動きが美しいと感じました。窓の外で様々な種類の鳥を見ているうちに、その美しさや可憐さに動かされた自分の感情をデザインにしました。


 


 


「バタフライ」コレクションについて


ある文化において、蝶は人の魂の象徴とされています。蝶の3段階の成長は人の魂の3つの成長に例えられています。幼虫は生まれる前の人の姿、孵化は人生を歩む姿、そして蝶になる瞬間は人の魂が目覚め、開花する様になぞらえられ、この思想にインスパイアされ、デザインワークを行いました。


 


Q.今まで制作したことのないモチーフでデザインをする予定はありますか?

 

A.新しいインスピレーションを受けた時に新しいモチーフが自然と生まれると思います。お花の他にも魚や蛙など様々な自然界のモチーフをデザインしてきました。昔から多くの女性は自然にあるモチーフを好んでいますし、私もその内の一人です。
 

 

*

 

Q.一番好きなお花を教えてください。


 

A.子供がみんな可愛いように、すべてのお花が可愛くて好きです。ですので、どのお花も平等に愛していて、大切な存在だと思っています。
 


 


Q.Gintaのカラーバリエーションは50種類ほどありますが、なぜこのように多くのカラーを作られているのですか?


  

A.それぞれの方がそれぞれの好みや希望を持っています。また、一番似合う色やワードローブに多くある色は人により異なります。例えば、ロンドンにいる女性は様々な肌の色、髪の色、瞳の色をしており、一人ひとりの女性に一番似合う色を見つけて欲しいという思いでたくさんのカラーバリエーションを用意しています。


Q.既存のものの他に新しいカテゴリーのアイテムを制作しようと思っていますか?

 

A.はい、いつも何か新しいものを作りたいと思っています。新しいものを作る時は制作の過程や、その過程で変化していく様、出来上がる時の高揚感はなんとも言えず、新しく作るものはまるで自分の子供のように思っています。

 

*

 

Q.アクセサリー制作において一番難しいと感じることはなんですか?

 

A.アイディアを、数あるテクニックの中から一番最適なものを見極め、制作する部分が一番難しいです。


Q. なぜあのような繊細なカットーワークができるのでしょうか?

 

A.何度も実験を重ねて、レーザーマシーンによる繊細なカットワークを実現させました。レーザーマシーンによるカットワークは私が制作したいものを表現するのにとても適した技法です。

 

*

 

Q.ラトビアで好きなものやことを教えてください。

 

A.アールヌーヴォーの建築物や自然が好きです。ラトビアで生まれたので、これらが自分のルーツとなっていると思っています。

 

*

 

Q.日本で好きなものやことを教えてください。

 

A.日本は初めて行った瞬間から大好きな場所で、まるで自分の故郷であるかのように居心地の良さを感じました。エネルギーと幸せな気分を与えてくれる場所で、もう26回も行っていますが、もっともっと行きたいと思っています。なんとも表現できない空気感を感じますし、日本人の方々に囲まれている時、文化にインスパイアされ、たくさんの愛情をもらいます。新旧交ざり合う建造物、自然(特に田園)も素晴らしく、公園で散歩したり、それぞれの特徴があるお寺を見るのも好きです。

また、日本の食文化は素晴らしく、思い出すだけでもお腹が空いてきます。日本で食べられないものはないというほどなんでもあり、訪れる度にいつも美味しいものが食べられ幸せを感じています。また、緑茶も大好きで、飲むとリラックスし、エネルギーも同時にもらえ、緑茶のない生活は考えられないというほど好きになりました。

日本には素敵な友人がたくさんいますし、日本からたくさんのエネルギーやインスピレーションをもらっています。私はアクセサリーを愛情を込めて作り、日本の方にご着用いただくことで、感謝の気持ちを伝えたいと思っています。

Q. 今年の夏、日本で着用するのにオススメのカラーはなんですか?

 

A.日本の方はパステルや光沢のあるカラーが好きだと私の経験上感じています。今年の夏はライトグレー、ライトピンク、パールピンク、ブルーベリーなどがオススメです。

 

※ライトピンク、パールピンク、ブルーベリーは新色として加わりました。

 

<GINTA>カラーチャート

 


LINK